2017年10月31日火曜日

聞き込み調査中……。

前回より取り掛かっている那智勝浦町高津気の埋没古隧道ですが、一旦掘るのを止めて資料を探してみることに。

まずは教育委員会へ。隧道の開通年代が分かる古い地図を所蔵されているかも……と思って行きました。

突然の訪問にもかかわらず丁寧に対応してくださり、しばらく探してもらって、過去に個人の方が集めた勝浦駅周辺の古地図のカラーコピーを無料で頂きました。しかし、その他の地区のしっかりした古地図は図書館含めて持って無くて、ついでに古道とかも、どこからどこまで有るのか実は把握出来ていないのだとか。

コピーにある古地図を集めた方の事を教えて頂いたので、ヒント1をゲットしたかも(?)です。

続いて役場の税務課へ。山の所有者さんを探すために、地番を照会してもらったのですが、出てきた地図が……区割りがチョー細かい∑(OωO; )
一つの山どんだけ分割してんだよ(汗)

ここでも地図(現行)と航空写真のコピーを頂いてきました(ここは当然有料)。

その後、観光協会へ。なちかつ古道を守る会の代表者さんについて教えてもらいました。実はここでも連絡先は分からず「ホテルいちの滝(?)」の経営者さんが関係してるっぽいということだけでした。

町での調査はここまで。お家に帰って地番を確定して、次回は法務局へ行って地番で所有者さんを照会してもらうことと、ホテルいちの滝に行くことになります。

所有者さんが見つかれば、お菓子を持って行ってやんわり隧道について聞いてみて、話の発展次第では「掘削許可」のお願いを……(^_^;)

なちかつ古道を守る会のほうは、隧道埋没斜面が見学対象になっているのかどうかと、もし掘り出したら守備範囲になるのかどうかを確認するつもりです。

で、今日は現場にも行ってきました。先日の豪雨で崩れていないか心配でしたが、大丈夫でした(*^-^*)


雨水が流れ込んで土砂が流されて、少しだけ穴が拡大されてました。

今後色々うまくいけば、これはビッグプロジェクトになる?かも?

4 件のコメント:

  1. お疲れ様でした。
    まるでお仕事ですね!
    地番の確定と所有者さんが割り出せれば、穴のことが色々分かってくるかも
    ですね。続報期待しております。

    返信削除
  2. 〉よとと 様
    区割りがかなり細かくて難儀しているところですが、少しずつ進んでいます。また続報アップします!
    ホントの仕事中も穴のことばかり考えているやまたんでした(^_^;)

    返信削除
  3. はじめまして。
    この穴については、過去にちょっとだけ調べたことがありますので、
    よかったら下記に連絡いただけませんか。
    よろしくお願いします。

    メールアドレス:
    Y.R.Takanashi@gmail.com

    返信削除
    返信
    1. 〉五位堂 様
      初めまして!メール送信いたしました。
      よろしくお願いいたしますm(_ _)m

      メールアドレス:
      kounaidensya@gmail.com

      削除