2017年11月23日木曜日

熊野市紀和鉱山資料館へ

昨日は三重県熊野市の「熊野市紀和鉱山資料館」へ行ってきました。(写真は以前に行った時の物です。)


目的は、

・那智勝浦町大野の「円満地鉱山」に関する情報を探す
・前回探索の紀和町「千人間歩」について聞いてみる

ことでした。


ちなみに館内は、紀和町の地質と鉱山の歴史、車輌や機材の実物展示、鉱物の標本などが充実しています。


個人的なお気に入りポイントはマネキンさんがリアルなこと(首タオルのヨゴシとか)と、竪坑エレベーター的CG映像が流れるエレベーターです(*^-^*)

学芸員さんに聞いてみた結果、

・石原産業の資料は紀州鉱山の分しか置いてないこと
・円満地鉱山の最終所有者は三菱金属鉱業で、資料も三菱にそっくり渡ったらしいこと
・千人間歩の話は聞いたことがあるかも?なこと
・千人間歩内にあった「元祖はしご様(雁木(がんぎ))」は基本的に江戸時代に使われていたはず

とのことでした。また、貴重な写真や図面を多数見せてもらい、竪坑エレベーターの「坑内巻室」の様子や、頂点の滑車の部分など謎がかなり解けました!お忙しい所ありがとうございましたm(_ _)m

今後は高津気古隧道の不定期掘削と並行して円満地鉱山の情報探し、場合によっては紀和町付近の坑口捜索に進出するかも、です。


おまけ写真。これも以前訪れた「湯ノ口温泉トロッコ電車」のバテロコ列車です。紀和町へ行ったら鉱山資料館で勉強して、人車に乗って温泉に入るべし!(^_^)/

……実はやまたんは、まだ温泉入ってません。また行かねば!!(^_^;)

0 件のコメント:

コメントを投稿