2018年6月20日水曜日

休止鉱山

先の森林鉄道レポの前に行ってきた、岐阜県某所の休止鉱山。詳しい場所や名前は明記できませんが、鉱山操業の様子が想像できる貴重な参考資料になるのでレポします。

山間の道を進むと見えてきました。静かな場所です。ホッパー下や敷地奥も撮影して回りましたが、ここでは省略。

砂利の坂道を登って、建物の裏に来ました。見える人にはすでに見えていると思います。右手の草むらにその一端が…。

 草むらから続くグランビー鉱車の列はホッパー上屋の中へ続いていました。ここは右がホッパ線、左は恐らくロコの整備に使っていたのではないかと思われます。

なにげに右の作業台、トロッコの車台を流用した物っぽいです。両端に連結器らしき物が付いていました。

詳細は載せませんが、他にも色々道具があって見所が多い&勉強になります(*^-^*)

 2台のバッテリーロコのうち、グランビーの先頭に繋がったままの方。ここの左側がホッパーになっています。

 ホッパーをのぞき込む。まだ下の方には鉱石が残っています。

坑道からトロッコで搬出してきた鉱石をここに貯めて、下でホイールローダーか何かで多分トラックに積み替えて出荷していたのではないかと。

 バテロコはちょうど屋根の下になるように停められているので、保存状態が結構良いですね。バッテリーさえ上がっていなければ、すぐ動きそうです。

反面、屋根の外にはみ出して雨ざらしになっているグランビー君は……荷台底に穴が開いていました。

 ホッパ線の先端。最初の写真で橋のように突き出していた部分です。歩み板が風化していそうで、進むのはやめておきました。車止めがすごく簡素というか…H鋼が一本おいてあるだけに見える(^_^;)

軌間がわかる写真を。500~610mmかと。

ホッパー上屋を離れて、敷地奥へ。右手には坑口が見えてきます。

 坑口には太空機械(だったと思います)のロッカーショベルの残骸が。すぐ奥でちゃんと鉄柵で塞がれていました。

冷たい風に当たって、カメラのレンズ内側が曇ってしまいました。これ以降写真の上がモヤっているのはその為ですm(_ _)m

坑口前を奥へ。雪の為か上屋が潰れています。草で分かりませんが、複数の軌道が走っているようです。

 潰れた上屋の下には2輌のバテロコが連ねて収められていました。先ほどの物より少し小さいです。

 バテロコの先には……もしかして、火薬運搬車?中は空っぽでした。

 そのまま通り抜けて振り返ったところ。坑内に圧縮空気を送るコンプレッサー室のようです。鉱山施設の配置がよく分かります。なるほどなるほど(*´▽`*)

 その先にはもう一つ坑口と、色々な車輌&残骸が残されていました。ここには今まで見たことの無い大きなロッカーショベルも。

ロッカーショベルとグランビー君の間には台車があって、トランスか何かと謎の機械が積まれています。

中央に枕木の山みたいな所があって、そこに登って撮影。残骸もいっぱい、お腹いっぱい(*^o^*)

この日はここで探索を終了して、長野県へ急行したのでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿